面接においては一貫性を持って答えること

企業に就職するときや、転職をするときには選考試験が実施されます。

面接においては一貫性を持って答えること

面接においては一貫性を持って答えること 企業に就職するときや、転職をするときには選考試験が実施されます。その中でも必ず実施されるものが面接です。面接試験にもさまざまなものがあり、試験を受ける人一人に対して面接官が複数で対応する個人面接から、数人で面接を受ける集団面接などがあります。選考が進むにつれて、面接のスタイルが変わることもあります。例えば一次選考では集団面接、二次面接では個人面接というパターンです。

集団面接と個人面接とでは質問される内容が異なることがあります。面接の目的はそれぞれの企業で異なるので一概には言えませんが、ひとつのケースとして一次選考を集団面接として、その中で印象に残る、あるいは次のステップに進んでほしい人材を二次選考として個人面接をするというタイプです。このパターンであれば、集団面接で聞かれる内容は比較的簡単なものが多いです。志望動機など、基本的な事柄が聞かれます。しかし、大事なことは、全ての面接試験はつながっているということです。集団面接をクリアして次の個人面接に進んだときに、集団面接で話した内容と異なる内容を話すと、一貫性がなくなってしまいます。集団面接では限られた時間であることから聞かれることも限定されますが、個人面接においては時間もあるので、ひとつの事に対して細かく聞かれることがあります。全てにおいて一貫性があるように考えることがポイントであると言えます。

関連サイト

Copyright (C)2019面接においては一貫性を持って答えること.All rights reserved.